社会福祉法人 稗田福祉会

お問い合せ先083-252-7500

園長挨拶

言葉の学び、身体の学び、感性の学び

 ひえだ保育園では、保育園生活を小学校入学前のプレスクールという位置づけで保育園だからこそできる0歳からの、年齢に応じた知育教育を行います。
 特に3歳からは具体的なカリキュラムを組み、担任制で指導を行っています。

 ひえだ保育園の知育教育の目標は、バランスのとれた人間力です。
幼児期の能力を限定せず幅広い分野の基礎力(楽しむ心)を身に付けてもらい、それを土台に”言葉の学び””身体の学び””感性の学び”の3本の柱をたてて、 将来豊かな人格を形成してもらえることを最大の喜びと考え日々指導に励んでおります。

先生の紹介

外部講師

  • 石川文代講師

    リトミックは、単に音楽学習にとどまらず
    一般教養の一環である。

    人間らしい生き方をするには、物を<見て><聞いて><触れて>感じたり、感動したりする心を育てることが必要不可欠ではないでしょうか。
    当園では、0歳から6歳までのスパンで体系的に豊かな感性を育むことを目標としています。音楽を注意深く聴き、即反応し、全身を使って表現するなかで <注意力><集中力><記憶力><思考力><コミュニケーション能力><社会力>などが養われます。
    幼児のイメージ能力を成長させ、心に浮かんだことを表現する力を育んでいます。

  • 神野晃一講師

    幼少期の運動経験が生涯の運動習慣に影響

    幼児期から小学校低学年にかけては運動の巧みさを身につける時期なので この時期の運動経験が、身体活動に対しての器用・不器用を決めるともいえる 生涯の運動習慣に大きく影響をおよぼす傾向にあります。 そういったことからカワイ体育教室ではこの時期に、運動する楽しさを身につけ、 運動を通して心とからだの調和をはかり、健康で明るく活動に満ちた生活を目指し、 自ら進んで運動しようとする運動好きな子どもに育てようと指導に努めています。



  • 石川文代講師

    子どもの感性が輝き、揺さぶられ
    豊かに育つことを目的としています。

    スタジオ クラ絵画造形教室は、完成作品を作ること自体に重きを おくのではなく、様々な制作の過程で子どもの感性が輝き、揺さぶられ 豊かに育つことを目的としています。
    表現と認識の強い関係性に注目し、フィンガーペインティング、土粘土、 木片など感覚的認識を高める素材を使った活動を豊富にカリキュラムに 取り入れています。

カリキュラム担当保育士

中村 悠紀乃

保育をする中で、一人ひとりの子どもに寄り添い、自尊心を引き出す関わりを心掛けています。
「やってみたい!」という気持ちを大切に、得意なことは伸ばし苦手なことはサポートをしながら子ども達と共に自分自身も成長できるよう、保育に取り組んでいます。

木谷 恵美子

造形では子どもたちの発想力、工夫力が形になるよう広がりある会話を大切にしたいと思います。
音楽はうたうことや演奏することを一人より二人、二人より皆での方が楽しいと思える時間にしていきたいと思います。

吉村 朋子

カリキュラムや行事を通して色々な経験をし、子どもたちが 「楽しい」 「出来るようになって嬉しい」 と思えるように気持ちに寄り添いながらサポートしていきたいと思います。

船附 たえ子

文字、数字や図形などに興味を持ち、楽しみながら取り組める環境作りをしていきます。
絵本を通して感じたことを言葉にしたり、イメージ力をつけて、言葉を多く学んでいき、絵本好きな子どもたちを育てていきたいです。

静間 夏紀

カリキュラムを通して子どもたち自身が 「もっとやってみよう」「もっとしてみたい」と思えるような環境作り、声掛けをして子どもたちと一緒に成長していけるよう心掛けていきます。

檜垣 恵美

子どもたちの日々の様子を観察し体調の変化など早期発見できるよう心掛けて保育に携わっていきます。

濵田 千尋

子どもたち一人ひとりと関わり楽しく笑顔で園生活がおくれるようにしていきたいです。
コミュニケーションをたくさんとっていきます。

堀尾 小春

子どもの個性を尊重し、大切に育てていく保育を行いたいと思います。
出来ることが増えていく、未来ある保育を続けていきたいです。

山本 奈津子

子どもたち一人ひとりとの関わり方を考え、子どもの成長を感じられるような保育をしていきたいです。

鶴岡 美鈴

造形では手先を使ってたくさんの素材や感触を味わい、かくこと、つくることなど様々な体験を通して楽しく活動していきたいです。
読み聞かせでは、絵本を通して感性を豊かにし、知的好奇心や想像力、言葉の表現を育むようにしていきたいです。

沖吉 真由美

絵本の読みきかせ、手遊び歌、50音の歌を一緒に歌い、聞く、話す書くことの楽しさをサポートして いけたらと思っています。

佐々木 志織

運動遊び(体育)をするなかで、思い切り動き回れる空間作りを心掛けています。
子どもたち一人ひとりがのびのびと身体を動かして遊ぶことが楽しいと思う気持ちを大切にしていきたいです。