社会福祉法人 稗田福祉会

お問い合せ先083-252-7500

園長挨拶

言葉の学び、身体の学び、感性の学び

 ひえだ保育園では、保育園生活を小学校入学前のプレスクールという位置づけで保育園だからこそできる0歳からの、年齢に応じた知育教育を行います。
 特に3歳からは具体的なカリキュラムを組み、担任制で指導を行っています。

 ひえだ保育園の知育教育の目標は、バランスのとれた人間力です。
幼児期の能力を限定せず幅広い分野の基礎力(楽しむ心)を身に付けてもらい、それを土台に”言葉の学び””身体の学び””感性の学び”の3本の柱をたてて、 将来豊かな人格を形成してもらえることを最大の喜びと考え日々指導に励んでおります。

先生の紹介

外部講師

  • 石川文代講師

    リトミックは、単に音楽学習にとどまらず
    一般教養の一環である。

    人間らしい生き方をするには、物を<見て><聞いて><触れて>感じたり、感動したりする心を育てることが必要不可欠ではないでしょうか。
    当園では、0歳から6歳までのスパンで体系的に豊かな感性を育むことを目標としています。音楽を注意深く聴き、即反応し、全身を使って表現するなかで <注意力><集中力><記憶力><思考力><コミュニケーション能力><社会力>などが養われます。
    幼児のイメージ能力を成長させ、心に浮かんだことを表現する力を育んでいます。

  • 宮本菜穂子講師

    幼少期の運動経験が生涯の運動習慣に影響

    幼児期から小学校低学年にかけては運動の巧みさを身につける時期なので この時期の運動経験が、身体活動に対しての器用・不器用を決めるともいえる 生涯の運動習慣に大きく影響をおよぼす傾向にあります。 そういったことからカワイ体育教室ではこの時期に、運動する楽しさを身につけ、 運動を通して心とからだの調和をはかり、健康で明るく活動に満ちた生活を目指し、 自ら進んで運動しようとする運動好きな子どもに育てようと指導に努めています。

カリキュラム担当保育士

木谷 恵美子

体育では、楽しく体を動かし、1つの動きが1つの出来ることへ繋がる喜びを感じてもらいたい。
造形では、自分たちの工夫力・発想力を形にした作品づくりを楽しませたい。
文字数字・読み聞かせでは、遊びながら文字や数字に興味をもち、楽しんで覚えてほしい。

吉村 朋子

体育では、子ども達の基礎となる体力づくりをし、「もっとやりたい」「上手になりたい」という向上心を育てる活動をしていきたいです。
音楽では、発声やリズム打ちなどの基礎やリズム感を育て、みんなで1つの歌を歌ったり、演奏したりして、何かをやり遂げる喜びや達成感を味わえるようにしていきたいです。

船附 たえ子

教材を通して、集中力をつけていき、色々な図形等に興味が持てるようにします。
絵本を通して、感じたことを言葉にしたり、イメージ力、発想力をつけて、言葉を多く学んでいけるようにしていきます。

中村 悠紀乃

想像力を豊かにし、季節に合った作品・様々な技法を取り入れ、子ども達が楽しく学べるよう、活動していきたいです。

島田 伊織

絵本の読み聞かせを通して、楽しみながらいろんな言葉や知識を身につけ、「絵本が好き」と思えるようになっていけたらと思います。

静間 夏紀

読み聞かせを通して、集中力や想像力を養えるよう、活動の導入として取り入れたり、季節や行事等に沿った絵本を読んでいきたいです。

辻野 梨奈

身体を動かすことが楽しい、気持ちいいと思えるように、様々な遊びを取り入れて活動していきたいです。

仲村 優菜

発声練習を通して、がなり声ではなく、綺麗な声で気持ちよくのびのび歌えるよう、指導していきます。

河村 沙也加

文字・数字では、正しい姿勢、えんぴつの持ち方を教え、文字を読むこと、書くことの楽しさを伝えていきたいと思います。